2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.一番安い通信講座について

行政書士の通信講座を選ぶ際に一番気にしていしまうのが費用だと思います。
講座の種類によって費用はだいぶ変わりますし、費用によって講座内容も変わってきます。
例えば初学者の方が通信講座を選んだ場合と、学習経験者が通信講座を選んだ場合とだと受講するコースが異なってくるので費用も異なってきます。
ここでは初学者や独学者が基礎から始めるコースで一番安い通信講座を紹介していきます。

1-1.1位 独学道場

一番安かったのはTAC出版と早稲田経営出版が合同で行っている通信講座の独学道場になります。
費用は49,800円です。
独学道場の通信講座に2種類のコースがありますが、どちらのコースも費用は変わりません。
使用する教材がTAC出版のものか、早稲田経営出版の教材を使用するかということです。
教材に沿ってWEB講義が行われるので使用する教材によって講義回数は少し変わります。
TAC出版の教材だと講義回数が69回で、早稲田経営出版の教材だと講義回数が67回になります。
基礎学習においては多少の違いがありますが、直前対策はどちらも同じ教材を使用し答練数もかわらないので、自分の好みの教材があるコースを選ぶと良いでしょう。

1-2.2位 産業能率大学

二番目に安かったのは産業能率大学の通信講座になります。
費用は54,770円です。
基本的はなカリキュラムは基本テキストで基礎学習を行い、基礎学習が終わったら過去問を解くといった形になります。
ただ産業能率大学の通信講座に講義は無く、全て教材のみで行う通信講座となります。
しかも使用する教材は独自のものではなくTACから出ている教材を使用しているので独自のものはほぼないと言って良いでしょう。
問題集も過去問のみで、記述式答練などもないので試験対策が少し薄いので市販の問題集を用意しなければ合格は難しいと言われています。

1-3.3位 フォーサイト

三番目に安かったのはフォーサイトの通信講座になります。
費用は59,000円です。
フォーサイトの行政書士の通信講座にはいくつかコースがあります。
どのコースにも講義はありますが、一番安いコースだとCD講義になります。
DVD講義のコースになると費用は64,000円と少し高くなりますが、それでも安い通信講座に間違いありません。
初学者にも勉強しやすい教材になっているのでとっつきにくい法律に対してもスムーズに入っていけると思います。
フォーサイトの行政書士試験の合格率は36%と極めて高い数字となっています。
他の通信講座では合格者数は出していますが、受験者数や合格率はだしていません。
そう考えるとフォーサイトは通信講座の内容に自信を持っているように感じます。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴