2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.行政書士を独学で合格する為には

1-1.独学も合格できる

結論から言いますと独学で勉強しても行政書士に合格することは可能です。
実際に、通信講座や学校に通わないで合格している人は毎年いますが、合格率は独学の人の方が低いのは事実です。
なぜ低いのかというと単純に勉強方法が間違っているからです。
では独学と通信講座や学校に通うのだと何が違うのかと気になると思いますので違いを3つほど上げていきます。

@教えてくれる人がいる
A独自のテキスト・参考書を持っている
B勉強できる環境がある

上記3つに加えてお金がかかるというのもありますが、それは独学の方が安く済むのでデメリットになりませんね。
3つの違いを出しましたが、正直に言ってしまえばたいした違いではないです。

@のついては教えてもらえなくても、答えは全て参考書に記載されていることなので問題ありません。
Aの参考書の違いですが、独自と言っても学校の先生などの解説が記載されているだけで、市販の参考書とあまり大差はありません。
Bの環境違いについては大きなポイントだと思いますが、これは自分のやる気次第だと思っています。

1-2.独学での勉強時間

一般的に行政書士に合格する為に必要な勉強時間は約800時間から1,000時間と言われています。
この時間はあくまで平均の勉強時間になるので、人によっては300時間で合格する人もいれば、1,200時間勉強して合格した人もいます。
ただ独学でも通信・通学で勉強しても必要勉強時間がそこまで変わることはありません。
逆に通学することによっての講義時間を入れたら、独学の方が短い勉強時間で合格したケースも聞いたことがあります。

1-3.勉強を始める前に必要なもの

独学で勉強を始める為には、テキスト(参考書)・問題集(過去問)・六法が必ず必要となります。
3つの選び方などは別ページで紹介しているので参考にしてみてください。

おすすめを紹介していますが、読みやすい読みにくい、合う合わないは人それぞれあるので、自分の好みのテキストや自分が勉強しやすい参考書を選ぶことが勉強の効率あげるポイントになります。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴