2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.基礎法学とは

行政書士試験の基礎法学は、法律全般の知識をまとめた科目です。
法律の読み方や一般教養なども必要となる、広い知識が求められる科目と言えます。

1-1.基礎法学の出題範囲・出題傾向

出題範囲は決まっているいるわけではなく、どこからどのような問題が出題されるかは例年異なっています。
ただその中でも出題傾向として挙げられているのが、「一般的な法学知識」「特定の法律の考え方や知識」になります。
「一般的な法学知識」と言うのは、現在の法律の体系や原則、法令用語やその意味など、最近では法テラス(日本司法支援センター)などの知識になります。
「特定の法律の考え方や知識」と言うのは、その年に出来た制度や法律などに対しての考え方や知識についてになります。例えば、裁判員制度などがあげられます。
なので時事問題や法改正などがある場合には気をつけておいた方が良いでしょう。

1-2.基礎法学の試験対策

基礎法学の一番の試験対策は日ごろからニュースや新聞などを読んで、法律に関する時事問題や法改正に対して常にアンテナを張っておくことだと思います。
しかし、基礎法学の試験科目は例年2問で配点と言うと8点だけです。
8点を多くみるか少なくみるかは人それぞれ違うと思いますが、基礎法学の対策に力を入れるのであれば他の民法や行政法に力を入れた方が合格率は上がるでしょう。
試験問題ですが、例年1問目が難しく設定されることが多く、1問目からつまずかせようとする傾向が見られます。
なので、1問目が難しいと判断した場合には捨て問としてつぎの問題に行きましょう。
1問目が難しい分、2問目が簡単な時が多いので2問目は落とさないようにしておきましょう。

1-3.基礎法学の勉強方法

出題範囲が決まっていないのでどこから勉強して良いかわからなくなる人もいるかと思いますが、基礎法学に関してはわざわざ勉強する必要はないと言われている科目になります。
基礎法学自体が法律全般の知識になるので、憲法や一般知識の科目を勉強していれば自然と身に付く科目になるからです。
それでも、法令用語や法律の仕組み・構造・解釈などを理解する必要はありますが、それらに関しても他の科目を勉強していれば自然と身についていくでしょう。
他の科目を勉強していれば知識は身に付くと思いますが、過去物や問題集はしっかり解いておきましょう。

1-4.まとめ

・勉強する優先順位は低い
・他の科目を勉強すれば知識は身に付く
・時事問題に関心を持つ
・過去問は解いておく

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴