2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.商法・会社法とは

行政書士試験の科目の中でも出題数は5問と少なく、配点数も20点のそこまで重要な科目ではありません。
しかし、条文数は1,000条もある勉強範囲だけであれば試験科目の中でもTOPクラスの出題範囲・難易度になります。

1-1.商法・会社法の出題範囲と出題傾向

上記でも説明した通り1,000条もの条文から出題されるので出題範囲はとても広いです。
しかし、ほとんど問題が条文から出題され、問題自体は単純なものが多いです。
出題傾向としては、5問中商法が1問で会社法が4問となっていますので、会社法を中心に勉強すると良いでしょう。

1-2.商法・会社法の試験対策

出題数が少なく勉強範囲が広いからと言って捨て問にしないことです。
満点を取るのではなく、半分を取りに行くイメージで勉強を進めると良いでしょう。
商法・会社法は「広く・浅く」勉強することが一番効率良く勉強を進められるポイントとなります。
1,000条の条文を丸暗記するくらないなら1,000問の問題を解いた方が効率的かつ試験対策になることでしょう。
ただ過去問を解くと言っても過去10年分でも50問にしかならないので、色々な問題集や予想問題などをひたすら解くことが良いでしょう。
問題が似通ってくるかもしれないですが、似通っている問題はそれだけで出題される可能性があるということです。
問題数が少ないと感じた場合には、前年度の予想問題などを古本屋で購入するのも1つの手だと思います。

1-3.商法・会社法の試験対策

基本テキスト・問題集・過去問を繰り返し勉強することが一番の勉強法です。
ただ商法・会社法の原則となることに関してはしっかり理解深めておくことは必要となります。
どの法律でも同じですが、法律ごとに基本となることは決まっています。それを理解していないと勉強の効率化も図れませんし、応用的な問題が出てきた時に解けなくなってしまいます。
あとは、商法・会社法の問題集を解くときには薄い本を選ぶことをおすすめします。
分厚い本では出題傾向と関係ない問題まである本は解く時間がもったいないので、あくまで出題傾向の沿った予想問題などを解くことをおすすめします。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴