2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


目次

 

スポンサーリンク


1.憲法とは

行政書士試験の科目の中で行政法と・民法の次に需要になってくる科目になります。
出題数は5問と少ない割に、問題の難しさで言えば行政法・民法とよりも難しいと言われています。

1-1.憲法の出題範囲と出題傾向

憲法と呼べれる科目なので憲法全般からの出題となるのですが、それでも過去に出題された傾向からセクション分けすることによって範囲を絞ることは可能だと思います。
「人権分野」「統治分野」「憲法総論」の3つに分けて考えると範囲をまとめることができるので勉強しやすくなるかと思います。

  • 「人権分野」とは、憲法の前半に記載されている人権に関する法律(表現・信仰・個人の人権)のことです。
  • 「統治分野」とは、憲法の後半に記載されている統治に関する法律(立法・行政・司法)についてのことです。
  • 「憲法総論」とは、憲法とは?から始まり、憲法の歴史や意味、昔と今の憲法の比較など憲法の本質根幹部分についてのことです。

1-2.憲法の試験対策

憲法の条文はわずか103条しかありません。
ただその条文を丸暗記したところで試験問題を解くことができないので、判例を使用して知識や理解力を深めていくことが重要になります。
より理解力を深めて幅広い問題に解けるようになる為には、「憲法総論」などの理論をしっかりと理解することが重要になってきます。
「憲法総論」が試験問題として出題されることはほぼありませんが、見解問題を解くうえで基本的知識や考え方というのは最も重要となり試験問題を解ける最高の近道になるはずです。

1-2-1.人権分野の対策

人権分野は人権に関する法律なので、条文だけでは判断できないことが多い分野です。
なので判例も合わせて一緒に考えることによってより理解力は深まります。
ただ同じ条文で判例が微妙に異なることなどがあるので、その背景や裁判所がなぜそのような判断に至ったのかなどの経緯を考えることがとても重要になってきます。
判例の結果ではなく、その過程の判断基準にフォーカスして理解すると良いでしょう。

1-2-2.統治分野の対策

統治分野は、立法・行政・司法と国の統治機構について法律です。
なのでここでは判例を読み込むのではなく、条文を読み込み条文の意味を理解することがとても需要になってきます。
国を統治する為の法律とは、日本の基本理念とは何かなど仕組みを考えることで統治分野の理解は深まっていくかと思います。

1-2-3.憲法総論の対策

憲法の理解力・知識を深める為には勉強をしておいて損はないものです。
試験に直接出ることはほぼありませんが、理解を深めることで憲法全体の理解が進み「人権分野」「統治分野」の問題も解きやすくなるでしょう。

1-2-4.捨て問の対策

憲法の試験は毎年、難問と言える問題が1つは出題されると言われています。
ここで注意しなければいけないのは、難問に見せかけて実は難問ではない場合です。
難問と決めて付けてしまい、捨て問としてしまったら解く前から1問落としてしまっていることになります。
では難問をどう見分ければいいのかとなりますが、そこは自分が勉強してきた量と質で見分けれれるかが決まると思います。

1-3.憲法の勉強方法

@憲法条文を流し読みする

まずは1通り条文を読んでみましょう。内容が頭が入ってこなくてもいいので1回読むことが大事です。
その際に、口に出して読むことで暗記できるスピードはあがります。

A内容を理解するつもりでもう一度読み込む

一度流し読みが終わったらもう一度条文を読みましょう。
次はある程度、内容を意識しながら読みましょう。

B条文を全て暗記する

条文を全て暗記したところから憲法の勉強が始まります。
もし暗記できないようであれば論外なので、暗記できるまで読み込みましょう。

C条文を理解する

テキストや参考書などを使用をして、条文の意味や背景をなどを理解していきます。
この理解というのは憲法を勉強していく上で基礎となる部分なので、暗記という形ではなく理解するという形で勉強していきましょう。

D条文と判例読む

条文を理解できたら、次に判例を読んでいきましょう。
この時点である程度の判例を理解することができるかと思いますが、判例ごとにその判例の背景や意味をしっかり理解することが重要になります。

E過去問を説く

ここまで来ればある程度の過去問を解くことはできるかと思います。
それでも解けない問題があると思うので、解けなかった問題に対してはしっかりと言及することでより理解を深めることができます。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴