2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.行政書士試験の40字記述式とは

行政書士試験の科目の中で行政法・民法から3問出題され、配点が60点を占める問題になります。
1問20点となりますが、40字の中で必要なキーワードが入っていれば部分点が出る科目です。

1-1.行政書士試験の40字記述式の出題範囲と出題傾向

出題範囲としては行政法と民法から出題されると予想できますが、憲法から出題される可能性が少ないですがあるようです。
出題傾向としては、行政法だと「刑事事件訴訟法」が多く、民法だと「財産法」からの出題が多いように思います。

1-2.行政書士試験の40字記述式の試験対策

出題傾向で「刑事事件訴訟法」と「財産法」が多いと言いましたが、40字記述式問題が出題されてから10年も経っていないので過去問からの傾向を読みとるのは少し難しくなっています。
それでもどのような問題が出題するかはわかるので対策の立て方はあります。
まず各科目ごとの勉強・対策に関しては特別なことをする必要はなく、普段通りの勉強方法で問題ありません。
ただ行政法・民法を完璧にしたとしても40字記述式問題を解くことは難しいと言われています。
何故かというと、問題に対して解答となる語句を入れながら40字で解答を作らなければいけないということが普段の勉強ではしないことなので難しいと言われるのです。
なので試験対策としてはまずは過去問を解き、必要な語句を入れながら40字以内の文章を作成する力を身につけなければいけません。
問題を読んで意味がわからないや理解できないとなってしまう場合には勉強不足となるので、行政法・民法のテキストに戻り暗記・理解を深めなければいけません。
知識がなければ解答になる語句も出てきませんし、問題を読み解くこともできません。

1-3.行政書士試験の40字記述式の勉強方法

40字記述式の勉強方法は1つだけで、ひたすら問題を解き文章を自分で作成していくことです。
普段の勉強で条文・判例などをしっかり理解している人であれば、問題の意味を理解することはそこまで難しいことではないはずです。
ただ文章を作成するというのはまた違う力となるので、問題をひたすら解くことで文章作成能力は身についていきます。
まずは過去問を解いてみて出題される内容や傾向を自分自身で感じてみましょう。
過去問を3周ほど解いた後に練習問題や予想問題・模試問題などで力をつけていくと本試験でも得点を取れるようになっているしょう。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴