2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.行政書士試験の過去問の重要性

行政書士試験に合格したいのであれば過去問を中心に勉強した方がよいと言われているくらい過去問は重要なものになります。
ただ単に問題に慣れるという意味もありますが、過去問からは出題傾向や出題範囲、予想問題など多くのことを読み取ることができるのです。
実際に、予想問題や模試試験などを作成している講師や先生などは過去問を元に問題を作成し、そこに時事問題などを絡めて予想問題を作成しているのです。
ここではその重要な過去問の勉強方法について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


2.行政書士試験に過去問だけで受かることは難しい

勉強方法の部分で説明しますが、過去問だけを解いたところで行政書士試験に合格することは非常に難しいと思います。
稀にそういった言葉を耳にしますが、過去問だけを解いて合格した人というのは法律関係の知識を事前に持っていた人や、司法書士の試験を受験したことのある人などかなり限られた人です。
なのでこれから行政書士試験に向けて勉強する人達はそのような言葉には耳を傾けずに地道に勉強していくことが合格への近道になります。

3.行政書士試験の過去問の勉強方法

テキストで勉強するよりも過去問からスタートする人がいるくらい過去問というのは重要なのですが、過去問をする前にテキストや参考書を勉強して知識・理解を深めてから過去問を解くことオススメします。
何故かと言うと、過去問だけ解いて全て暗記・理解できたとしても知識や理解力としては狭く過去に出題された範囲でなければ問題を解くことができない人になってしまうからです。
受験する試験内容が過去に出題された問題と類似する問題だけで構成されていたら合格することはできるかもしれませんが、そんなことはほぼありえないでしょう。
それに類似問題と言っても内容が似ているだけで言い回しなどは変わってくる問題が多いです。
過去問だけ解いていた場合にはこのような応用的な部分に対処できなくるのでやはり合格することは困難だと思います。
ある程度理解してから過去問を解き、そこから出題傾向や苦手科目、得意科目を見つけて学習スケジュールを立てていくというのが理想的だと思っています。
いきなり過去問を解いて、解いた後に学習スケジュールを立てた方が良いなどどいう人もいますが、その科目のことを全く知らない人が過去問を解いたところで、学習スケジュールなど立てられるわけがありません。
ある程度、科目のことを理解している人だからこそ、どこにどのくらいの時間を割いた方が良いなどのスケジュールが立てられるのです。
過去問を最初に解くときにはそこまで時間をかける必要はありません。
試験問題がどんな感じか掴み、出題形式を認識するくらいの気持ちで解きましょう。
過去問を解き終わって学習スケジュールが立てられたらテキストに戻り勉強をスタートしましょう。
科目ごとに勉強が一段落した時点でもう一度過去問を解いてみましょう。
その時には最初に解いた時よりも解ける問題は多くなっていると思いますし、問題の内容を理解できる力は身についていると思います。
2回目の過去問が終わった時には、過去問に出題されている問題に対して勉強していきましょう。
出題範囲とテキストを見比べながら、この問題はどういう意図で出題されているのかなどを考えていくことで応用的な問題にも対処できる力が身についていきます。
過去問と言っても問題数に限りはあります。
なので過去問で足りない科目や分野に関しては問題集などを利用することでより幅広い知識と理解力を深めることができるでしょう。

2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴