2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.一般知識の情報保護・個人情報とは

行政書士試験の一般知識の科目の中で出題数3問、配点12点の科目になります。
法律から全問用語までを扱う科目です。

1-1.一般知識の情報保護・個人情報の出題範囲と出題傾向

個人情報の出題範囲は、「個人情報保護法」「行政機関個人情報保護法」になります。
情報保護からは「情報公開法」「IT用語」「プロバイダ責任制限法」などが出題範囲とされています。
出題傾向としては、「個人情報保護法」と「IT用語」がほぼ毎年出題されているのでこの2つは必ず抑えておきたい法律です。
他にも関連法令が毎年出題されているですが、過去問から見ても規則性があるわけではないので傾向を見るのは少し難しいかと思います。

1-2.一般知識の情報保護・個人情報の試験対策

一般知識の科目の中で配点12点とあまり大きくはない数字ですが、出題範囲がわかりやすく勉強すれば必ず得点源になる科目なのでしっかりと対策をして半分以上は得点にしたいところです。
情報保護・個人情報の科目を1つのくくりにするのではなく、各法律に分野分けてをしてから分野ごとの対策を行うことでより効率的に勉強を進めることができます。

1-2-1.個人情報保護法の試験対策

出題傾向から見ると「総論」「定義」「雑則」の内容が多く出題されています。
これは個人情報保護法の根本的思想になるのでテキストをしっかり読み込むことで暗記・理解していけるかと思います。
過去問からの出題も見られるのでテキストを読み終わったら過去問を解き始めてしまって良いでしょう。
暗記しながら解くのではなく、問題の意味を理解し法律をの意味を理解することで応用的な問題にも対処できる力が身に付きます。
過去問だけでは足りないと思った人は、個人情報保護法の1問1答問題集などを利用することで問題を広くカバーできるようになります。

1-2-2.IT用語の試験対策

法律と関係のないIT用語と言ったところ受験生が躓きやすいポイントではありますが、出題傾向から見ると時事的なIT用語が出題されやすいのでニュースや新聞などに目を通しIT関連の時事問題は頭に入れておくと試験対策の1つになるでしょう。
時事問題が多い分、過去問を解いてもあまり意味がないかもしれませんが、問題の出し方などを理解してどのような問題が出るかを予想する為には過去問を解いてもいいかもしれません。
IT用語に関しては、試験直前の予想模試などをたくさん解くことが一番の試験対策になり、無駄な勉強時間をなくす方法になります。
それでもIT用語の勉強がしたいかたにおすすめなのはITパスポートのテキストや問題集になります。
内容は難しいものではなく、基本的なIT用語やIT関連のものになるので勉強するにしてもそこまで時間はとられないでしょう。

1-2-3.行政機関個人情報保護法の試験対策

行政機関個人情報保護法は個人情報保護法や情報公開法と比較される問題が多いように思います。
なので勉強する時には、各法律の類似する箇所、違う箇所を理解しておく必要があります。
細かい知識などはあまり必要ありませんが、暗記ではなく理解することが得点に結びつきやすくなります。
比較をし違いを理解しても、実査に問題文として出てきた時に文章を理解できるかといところも重要になってくるので、どういう言い回しの問題が出るかなどは過去問を解いて対策をしておきましょう。

1-3.一般知識の情報保護・個人情報の勉強方法

試験対策でも書きましたが、各分野ごとに分けることで効率良く勉強することができます。
上記で書いた試験対策以外にも、「情報公開法」や「プロバイダ責任制限法」「特定商取引法」「独立行政法人等個人情報保護法」「戸籍法」「公文書管理法」「住民基本台帳法」など様々な法律から出題されます。
全ての法律を1から勉強していくのでは時間が足りません。
かと言って範囲が広く絞りにくのも事実です。
なので、まずは過去問から解き出題された法律に関しては少し知識をつけて理解し、後は模試試験や予想問題などで勉強していくことが良い方法だと思います。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴