2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.行政書士を独学で勉強するコツ

まずは勉強をするという習慣を身に着けることから始めましょう。
初学者や独学者が一番最初に躓くポイントとして、いざ勉強を始めてみたけど内容が全くわからなくて面白くないと感じてしまい勉強をやめてしまうことです。
独学だと自分一人でテキストを選び、問題集を選び勉強をしていくので教えてくれる人もいなければ勉強する環境が整っているわけでもありません。
そんな中で勉強をしているのでわからなくなることも多々あると思いますし、嫌になってしまうことも多いと思います。
しかし、そんな状態になってしまっても勉強することをやめてしまってはいけません。
息抜きが重要などと言う人はいるかもしれませんが、試験までの時間は限られているのです。
もし集中して問題を解くことができないのであれば、集中していなくても条文や判例などを読んでおきましょう。
毎日欠かさずに何かしら法律に触れておくことが重要で、毎日勉強しなければいけないという癖をつけるのも大切になってきます。
基本的なところですが、そういった小さなことの積み重ねが最後の合否をわけてくるのだと思います。

1-1.行政書士試験を短期合格する為のコツ

短期合格と言っても合格に必要な勉強時間がそこまで変わることはありませんが、1日当たりの勉強時間を増やすことで短期合格を可能にすることはできます。
その為には試験日から今日までの日数を逆算して1日あたりどのくらい勉強すればいいのかを理解しておく必要があります。
さらに1日の勉強時間が決まったら、その勉強時間の中でどの勉強をするか割り振っていくことが重要になってきます。
そういう細かな学習計画が効率を生み、短期合格を実現することができるのです。

1-2.憲法を勉強するコツ

憲法は試験の中でも配点は低く出題数も少ないのですが、2問中1問は正解しておきたい科目ではあります。
憲法の出題は条文か判例からの出題が多いので、条文と判例の読み込みが一番の試験対策となります。
ただ暗記だけだと本試験対策にならないので、意識するポイントとしてはなぜその条文があるのか、なぜその判例が起きたのか、などの背景を考えることで理解力が深まり本試験でも通用する力が身に付くようになります。

1-3.行政法を勉強するコツ

行政法のコツですが、そもそも行政法という法律はなく、「行政手続法」「行政不服審査法」「行政事件訴訟法」「行政代執行法」「国家賠償法」「国家公務員法」「地方公務員法」「行政組織法」「地方自治体法」などの法律の総称ということを理解しましょう。
出題傾向でどの法律が良く出題されるのかを理解し、各法律ごとの勉強をしていくことがとても重要になってきます。
行政法は配点も高く出題数も多くて、出題範囲も広いでの勉強する時間がかなり要する科目ですが、法律ごとに学習計画を立てることで効率良く勉強することができます。

1-4.民法を勉強するコツ

行政法と並んで出題数、配点ともに高い科目で勉強範囲も広いので学習するのがとても大変な科目だと思います。
まずは出題傾向を分析しなければいけないので過去問を重点的に解いていきましょう。
その後は債権総論に力を入れて勉強していくことが良いかと思います。
覚える為のコツとしては、民法というのはとても身近なものだということを忘れないことです。
どういうことか言うと、民法自体が私たち一般人に向けた法律なので実際に自分に起きた出来事だと想像することができる法律なのです。
なので判例を読むときにも実際に自分がその立場になって考えてみると理解しやすくなるし覚えやすくなります。

1-5.一般知識を勉強するコツ

最近の傾向から言うと時事問題を意識しておくことが重要なってきます。
時事問題だと過去問では出題されたことのない問題が出てくることになるのですが、出題傾向などは過去問から読み取ることが可能なのでなるべく過去問は解いておいてください。
一般知識に関してはどこから出題されるか予想しにくい問題になるので、模試試験や各学校や通信講座から出されている予想問題を解くことが一番のコツになります。
予想問題を全て解いておくだけでも本試験対策としては十分になるでしょう。

1-6.文章理解を勉強するコツ

一般知識の科目の中でも苦手な人が多い科目ですが、コツさえ掴めれば得点源にできる科目の1つではあります。
この科目が苦手の人の特徴は国語が苦手な人です。
文章理解とは文章の読解力なので、解くコツとしてはどれだけ問題を解いてきたかになります。
読解力を身に着ける為には行政書士試験に出る問題を解く必要はなく、センター試験に出てくる現代文の問題を解いた方が読解力は身に付きます。
何故かと言うと、問題に対する解説がセンター試験問題集の方が丁寧でわかりやすいからです。
どの語句がどの文章を説明しているかや、接続詞の使い方などをわかりやすく解説してくれているので問題を解いているだけで読解力は自然と身に付きます。
一日一問を2ヶ月続けたら試験問題に苦戦することはなくなるでしょう。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴