2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.独学で掛かる費用について

勉強をスタートする前に合格するまでにどのくらいお金がかかるかは気になるところだと思います。
実際に独学で勉強した時に何にどのくらいお金を使うかを説明していきますので参考にしてみてください。

 

@テキスト代

まずは勉強を始めるに必要なテキスト・参考書になるのですが新品で購入した場合には4,500円から5,500円くらいします。中古の物であれば2,000円前後で購入できるのですが、法改正や新制度のことを考えると、なるべく新しい物を購入しておきたいので新品を購入することをおすすめします。

 

A問題集

テキストと合わせて購入しておきたい物なのですが、問題集にも種類があり、基本問題集や出題形式に沿った肢別問題集、40字記述式問題集、あとは一問一答問題集とかがあります。
一問一答問題集は少し安めで2,500円前後で購入できるものが多いですが、他の問題集に関してはテキスト代とほぼ一緒で5,000円前後掛かってきます。
もし基本問題集、肢別問題集、40字記述式問題集、一問一答問題集を全て購入した場合には18,000円前後掛かってくる計算になります。

 

B過去問

過去問に関しては、過去問だけ解きたいのであれば「行政書士試験研究センター」が問題・解答と毎年発表してくれているので購入する必要はありません。
しかし、各出版社が出している過去問集には予想問題が収載されていたり、解説が丁寧でわかりやすかったりと独学で勉強する人には助かる内容の物なので購入しておいた方が良いかと思います。
過去問集は2,500円前後で購入することができます。

 

C六法

行政書士試験を受験するのであれば六法は必ず持っておく必要があります。
使いやすく見やすい「行政書士受験六法」は5,000円前後で購入することができます。

 

上記4点が独学で勉強する際にそろえておきたいものになるのですが、合計すると30,000円前後で揃えることは可能だと思います。
他に受験代や模試試験代などがありますので最終的には50,000円あれば足りるかと思います。

1-1.費用についての比較

独学で掛かる費用は30,000円前後と上記で書きましたが、通信講座や学校に通った場合にはいくらかかってくるのかを比較してみましょう。

 

@通信講座

フォーサイト:59,000円(CDコース)
ユーキャン:63,000円
産業能率大学:54,000円

 

A講座・講義付き

大原専門学校:170,000前後
TAC:130,000円前後
エル・エー:99,000円
クレアール:200,000円

通信講座の相場は60,000円前後となり、オンライン講座や通学になると150,000円前後が相場になってくると思います。
上記の金額には模試試験や受験代は含まれていないので別途費用がかかると認識しておきましょう。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴