2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.一般知識の文章理解とは

行政書士試験の一般知識の科目の中で問題数3問、配点12点の科目になります。
法律に関する問題なのですが、それを読み解く理解力・読解力が必要になる科目です。

1-1.一般知識の文章理解の出題範囲と出題傾向

出題範囲という物はなく、一般知識や法律の中から問題が作成されて出題されます。
出題形式は年によって異なり、問題文と同じ内容の選択を選ぶ「内容一致問題」、空欄に語句や文章を入れる「補充問題」、文の並べ替えを行って文章を完成させる「文整序問題」、マークしていある語句の説明をする「語句説明問題」などパターンは様々になります。

1-2.一般知識の文章理解の試験対策

この科目は国語が苦手な人には一番つらい科目になるかもしれません。
この科目で求められることは文章の「読解力」、語句の「理解力」と後は文章を構成・作成する力が必要になります。
元々国語が得意だった人などはすんなり勉強が進み、過去問を解くだけでも十分だと思います。
ただ国語が苦手な人はまず、文章の作りから理解する必要があります。
どの語句がどの文章を指して、説明しているのかなどを理解していかないと文章全体を理解することは難しくなってきます。
また問題文などによく出てくる接続詞の使い方や意味なども理解しなければいけません。
接続詞の種類だけでも7種類もあり使い方や意味が分かれています。
もし文章理解に勉強時間を割くことができるのであれば、大学入試用の現代文問題集などを解いて文章理解を深めていくというのも1つの方法になります。

1-3.一般知識の文章理解の勉強方法

文章の読解力をつける為には問題を解いていくことが一番です。
文章理解が苦手な人は短文問題でも長文問題でもいいので1日1問解くことをおすすめします。
過去問が難しくて理解できないというには、大学入試用の現代文問題集や高校入試用の問題集などを利用して問題を解くことで理解することができるかと思います。
読解力は問題を解いていく積みかさねで付いてきます。
行政書士試験の文章理解では法律に関するものなので専門的に知識が必要なのですが、その知識は他の科目を勉強していれば自然と身に付くので問題ありません。
なのでまずはひたすたら問題解いていきましょう。
問題を解くときのポイントなのですが、問題を解く時間よりも解答・解説を見る時間を多く取りましょう。
ここが重要なポイントでただ答え合わせをするのではなく、解説にはどの文章がどこの文章を説明しているか、この接続詞はこの為にあるなど細かく説明してくれています。
この解説を1つずつ理解し覚えていくことで読解力は身についてきます。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴