2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.一般知識の政治・経済・社会とは

行政書士試験の一般知識の科目の中で一番出題数が多く、配点も多い科目になります。
政治・経済・社会と言いますがこれは現代社会の常識と考えればよいでしょう。

1-1.一般知識の政治・経済・社会の出題範囲と出題傾向

出題範囲は大学入試のレベルの政治経済(政経)と考えて良いでしょう。
出題傾向を見てみると、政治からは「選挙に関する制度」「国会に関する制度」「行政改革」「各国の政治制度」などがあげられます。
経済だと「日銀の役割」「国家・地方財政について」「貿易問題について」です。
社会は「社会保障問題」「少子高齢化問題」「環境問題」などになります。
こうして見てみるよ半分以上はその年の時事問題や長年に話題になっている問題が出題傾向にあるように見えます。

1-2.一般知識の政治・経済・社会の試験対策

法令科目に比べると出題範囲が不明確で、出題数も多くないので疎かにしがちですが、一般知識の科目での足切りに合わないためにはこの政治・経済・社会をしっかり対策しておく必要があります。
行政書士用の基本テキストなどだと、一般的なことしか書いてなく試験対策としては不十分なところが多いので、大学入試センター試験用の参考書などを使用すると出題範囲を広くカバーできるようになります。
他にも公務員試験用の時事問題集なども最後の仕上げの段階にはとても重宝する1冊になります。
しかし、そこまでの余裕がない人には、まずは過去問・問題集・予想問題を解いてみましょう。
そこから類似する問題だけを解くことで効率よく出題範囲を網羅することができます。
ただ時事問題に関してはニュースや新聞などを読んでいないと絶対にわからない問題なので試験勉強中の息抜きなどにはニュースなどを見て情報を入れておくことが重要となります。

1-3.一般知識の政治・経済・社会の勉強方法

まずは内容をそこまで把握しなくてもいいので行政書士試験用のテキストを1周呼んでみましょう。
政治・経済・社会を勉強していくコツは、深入りしないで浅く広くポイントを抑えた勉強方法です。
足切り怖い分、一般知識にも力を入れなければいけないのは確かなのですが、優先度としては少し下がってしまいます。
なので深入りせずに浅く広くで勉強時間を極力割かない勉強方法が重要になってくるのです。
ある程度の知識が付いたらすぐに過去問に入ってしまって大丈夫です。
過去問が解けなくても出題された問題の意味を少し理解しながら暗記していけば問題ありません。
ただ出題された文章を読める読解力だけは付けておいた方が良いでしょう。
後は、時事問題だけちゃんと勉強しておけば半分はとれるかと思います。
最低でも半分取ることを目標に勉強を進めていきましょう。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴