2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.行政書士と通関士の違いについて

行政書士は資格を取得して経験を積んだら独立開業すると流れが多いですが、通関士の場合は資格を取得しても独立開業して通関士として働くというのはとても厳しい仕事になっています。
通関士の業務は、通関手続きの代行や申告書類の作成及び申告になります。
業務だけを見れば通関士として開業しても仕事を請け負うことが可能なように見えますが、通関業務を代行できるのは通関業者と呼ばれる会社に所属していないと代行手続きができないようになっているのです。
なので通関士の仕事を取得する人のほとんどは通関業者に所属している人が多く、通関士になりたくて取得する人は極めて少ないと言って良いでしょう。

スポンサーリンク


2.行政書士と通関士のダブルライセンス

貿易関係のコンサルティングを行いたいと思っているのであればダブルライセンスを取得することをオススメしますし、通関業者で通関士として働いてる人にもオススメできます。
通関士が行える業務は、通関の手続きや申告書類の作成及び申告の他に、インボイスの作成、法令違反していないかのチェック、関税金額の算出があります。
行政書士が貿易業務で行える業務は、各種法令の許認可手続きになります。
貿易を業務を行うのであればどちらの業務も必要になってくるので、ダブルライセンスを取得していれば他に依頼することなく完結することができるのです。
通関士から行政書士を取得した場合だと、会社の属した状態での資格取得になると思います。
行政書士を取得して給料がそこまで上がるとは考えにくいのでもし通関士から行政書士の資格を取得できたのであれば、それを機に独立開業を目指してしまってもいいかもしれません。
通関士としての知識と経験があれば通関業をメインにしなくても、行政書士としてコンサルタントを行うことが可能になってくるでしょう。
日本は貿易国家なので貿易自体はまだまだ続くと予想されています。
その中で通関士と行政書士のダブルライセンスを取得している人はこれからも重宝されていくのは間違いないと言えるでしょう。
ただ通関士しての知識と経験がないと他との差を付けることが難しくなってくるので仕事を受けることができなくなってしまいます。
重要なのは知識と経験に基づくアドバイスであり、相手が納得できるコンサルタントが必要なのです。
通関士が行政書士にキャリアアップできる機会なのは間違いないので、通関士をすでに持っている人は行政書士試験を目指してみても良いかと思います。

3.行政書士と通関士の難易度比較

通関士の試験の合格率は平均10%前後と行政書士の試験の合格率とあまり差がありません。
通関士の試験範囲は通関業法と関税法の2つ法律からのみの出題となっています。
ただ通関士の試験には実務試験があり、通関書類の作成と通関手続きの実務があるので少し特殊な試験となっています。
行政書士試験と同じように足切りがあり、通関士試験では各科目で60%以上取っていないと不合格となってしまいます。
出題形式は5択問題と多肢選択式となっておりマークシートでの回答となります。
貿易に関する唯一の国家資格だけあり難しい資格なのは間違いありません。
合格率だけでみると同じくらいの難易度に見えるので勉強時間でも比較してみましょう。
行政書士の必要勉強時間は600時間からと言われてるのに対して、通関士の必要勉強時間は400時間と言われています。
通関士の方が勉強時間が少ないのはやはり試験範囲が少ないからなのではないでしょうか。
昔は合格率が20%前後まであったのですが、通関士が増えすぎてしまったせいで試験問題を難しくして合格者を絞っているそうです。
そういった背景があるので試験内容自体は難しく設定してあるかもしれませんが、行政書士試験の合格する為の勉強時間と同じだけ通関士試験でも勉強したのであれば合格はきっとするかと思います。

2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴