2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴

スポンサーリンク


スポンサーリンク


1.行政書士会に登録するだけで副業になる

会社員が行政書士会に登録するだけで副業としてみなされるケースがあります。
登録だけで副業になるの?と疑問に持つと思うので、なぜ副業として見られてしまうかを説明していきます。

 

副業として見られてしまう大きな理由に行政書法11条の「依頼に応ずる義務」があります。
どういうことか言うと、行政書士に登録すると色々な義務が発生し、そのうちの1つが「依頼に応ずる義務」なのですが、行政書士は正当な理由が無い限り依頼された業務を断ることができないのです。
ここで言う正当な理由とは、違法な依頼や一般的に考えておかしい依頼のことを言います。
例えば「この業務はめんどくさいから断る」や「報酬が安いから断る」などと言った行為は禁止されています。
行政書士会に登録した以上は仕事をしないという選択はできなくなってしまうのです。
ここで1つの疑問が生まれます。
依頼された業務は行うけど、報酬を受け取らなければ副業としては成立しないのではないか?
残念ながら報酬を受け取らないと独占禁止法の法律に触れてしまう恐れがあります。
どういうことか言うと、独占禁止法の法律の中で、他社の事業活動を困難にさせる行為をしてはいけないとあります。
報酬額なしで依頼をこなして続けると、依頼者はみんな無料だからと言って集まってきてしまいます。
そうなってしまうと他の行政書士も報酬を受け取ることができなくなり、最終的には全て行政書士が報酬額なしで業務をすることになってしまうのです。
そうなってしまうと行政書士をする人はいなくなってしまいます。
そういう危険性があるから独占禁止法の法律で決まっているのです。

1-1.副業は良いのか悪いのか

これに関しては所属している会社によって就業規則が異なるので一概には何とも言えません。
副業をよしとしている会社もありますし、副業したら懲戒処分などと規定している会社もあります。
なので副業として行政書士をする前に一度、会社に聞いてからにした方が良いでしょう。

 

会社側からは副業が問題となりますが、行政書士法から言えば副業は問題になりません。
そういう規定はいまのところ無いので問題なく副業することができます。

スポンサーリンク


2019年度行政書士おすすめ通信講座!

「フォーサイトの行政書士合格率が高いその理由は?」

特徴